ぽっこりお腹と皮下脂肪の関係について

ダイエットをしていても、なかなかへこんでくれないぽっこりお腹…。

 

これが悩みの種になっている方も多いのではないでしょうか?

 

ぽっこりお腹の原因は色々と考えられますが、
その対処法とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

一口にぽっこりお腹とっても色々なタイプがあります。
便秘により腸がいっぱいで出てきてしまうお腹、
内蔵下垂で出てきてしまうお腹、
そして内蔵を守るために皮下脂肪がついて出てしまうお腹。

 

便秘のケースの場合は腸内環境の改善が最優先で、
お茶や漢方等を使いまずは便秘解消を目指しましょう。

 

内蔵下垂の場合は腹筋などの筋肉が
足りていない場合や骨盤の歪みが考えられますので、
運動の習慣をつけたりカイロプラクティックに通ったり、
個人の状況によって相応しい対処をしましょう。

 

そして最後に皮下脂肪の場合ですが、
こちらは冷えがちな内蔵を守るためのバリアとして、
身体が下腹部にガード役の皮下脂肪を溜めてしまっていることがほとんどです。

 

まずは暖かい食事や飲み物を摂る、
軽い運動を取り入れて体温を上げる努力をする、
身体をひねるストレッチなどで外部から内蔵に動きを加える…
などの対処をしてみましょう。

 

どうしても解消されない場合は、
皮下脂肪にアプローチする飲み薬や漢方薬、
お茶などを取り入れてみると良いでしょう。

 

原因別に対処法も変わってきますので、
タイプにあった解消法を取り入れて行きましょう。